うつ病の治療方法にはどのようなものがあるの?


うつ病治療の基本は、休養と精神療法と薬

うつ病治療にもっとも欠かせないのが、休養です。うつ病になりやすい人は何でも抱え込んでしまい、必要以上に頑張りがちです。周りから休んだほうが良いと促されても、自分はまだ大丈夫と言い聞かせて、心も体も追い込んでしまうのです。そのため、まずはやるべきことから離れて、十分な休養をとる必要があります。また、治療では精神療法も行います。精神療法とは、担当医師やカウンセラーに悩みや不安などを相談して、問題の解決を図っていく治療法です。

更に、治療には薬が必要な場合もあります。薬の種類は大きく分けて2つあります。うつ病の症状を抑える薬と、不眠に悩んでいるときに処方される睡眠薬です。しかし、薬を必ず飲まなければならないわけではありません。症状を抑える薬は効果が出るまで時間を要しますし、副作用が出ることもあります。また、睡眠薬に依存してしまい、薬がなければ寝られなくなるという新たな不安も生まれかねません。このように薬に対して抵抗があるという場合は、担当医師に相談するか、セカンドオピニオンも検討しましょう。

自分だけで解決しようとしないで

うつ病治療は長い道のりになります。回復したと思っても、些細なことがきっかけで症状がぶり返す場合もあります。もっとも気をつけたいのは、自分だけで解決を図ることです。一人で悩んでいると、どうしても視野が狭くなりがちです。また、解決しない時間が長ければ長いほど心身に負担をかけて、症状が悪化しやすくなります。もしも病院に行くお金も時間もない場合は、身近な人に頼りましょう。

TMSとは、輸配送管理システムのことです。配車計画や運行管理などが可能で、商品が配送センターから出荷され届け先に届くまでの輸配送の全てを管理するシステムです。