注目すべき点は?CADの導入における抑えておくべきポイント


導入する目的を事前に明確にしておく

CADを導入する上で事前に確認しておかなくてはいけないのが導入によって得られるメリットについてです。CADは専用のソフトをインストールしてパソコン上で作業が行うことで作業の効率化を図ることができます。その反面、導入にはある程度まとまった初期費用が必要です。作業の効率化は一度に大量の受注をした場合に有効になりますが、一度に作業する量や受注頻度が少ない場合は費用対効果が得られないこともあります。紙の手書きのように高い技術や経験が必要としないとはいえ、操作など覚えなくてはいけないこともあるので、導入でもたらされる効果について考えて判断をすることが大切です。

ソフト毎の特徴の違いを理解する

一口にCADと言っても数多くのソフトが販売されていて、値段から機能に至るまで細かく違います。同じ作業でも人によってやりやすい方法が違うように、CADソフトも製品によって使い勝手が変わるので注意が必要です。値段の安さだけを重視して選んだ結果、必要な機能が付属されていないことで費用を無駄にしてしまうというケースは少なくありません。選ぶ時は操作性や機能性、購入後のアフターケアなど様々な点から見極めることが重要になります。

国の補助金制度を活用する

導入するために必要な費用を少しでも抑えたいという場合に有効となるのが補助金制度になります。これは中小企業の経営を支援する目的で国が行っている制度で、ビジネス目的でCADを導入する場合に限りコストを補助金として負担してもらえるのが特徴です。これにより、起業したばかりで資金に余裕がない会社でも安心して導入することができます。

電気CADは、電気業界において、コンピュータを使用して図面作成を行う支援ソフトのことをいいます。施工前の申請や施工時に必要な立面図などを作成するときに有用です。